合宿免許の各種割引について

合宿免許というのは、宿泊をしながら運転免許を取得するというプランですが、その料金体系としては、自宅からドライビングスクールに毎度通学をする場合と同様の、テキストなどの教材費、仮免許学科試験などの受験料、日々の教習代などといったものに加えて、ホテルや旅館の宿泊費、毎日の食事代などといったものまでがセットになっています。

そのため、こうしたものを別々にオーダーするよりも、かなり割安な金額になってはいるものです。


しかし、そうであるとしても、合宿免許の費用をトータルすると、数十万円という大金になってしまいますので、できることであれば、より安く受講できるようにしたいものです。そこで、合宿免許のプランのなかでも、いくつかの割引が適用されるものがありますので、そうしたものを意図的に選んでみるというのもよいでしょう。



たとえば、ドライビングスクールに入学する予定の日から数か月前までに申し込みをした場合については、早期予約割引が適用されることがあります。



これは予定さえ決まれば誰でも適用してもらえるものですので、活用しない手はないといえます。

また、もしも大学の友人同士などで合宿免許を受けたいという場合には、同時にグループとして申し込みをすることによって、グループ割の適用があるはずです。

この場合、合宿免許の宿泊地でも、グループのメンバーで同室にしてもらえる場合が多いというメリットもあります。



さらに、学生が申し込むのであれば、電車のキップなどと同様の学生割引が適用される場合もありますので、できれば大学卒業までの間に運転免許も取得しておきたいものです。