合宿免許でどのようなところに宿泊するか

合宿免許というのは、最短の期間をもってドライビングスクールを卒業して、そのまま本試験を受けて運転免許を取得することが目的であるため、すべてのカリキュラムを宿泊をしながら継続して履修するというのが原則になっています。


最短の期間とはいっても、オートマチック車の限定免許の場合であっても、少なくとも13日から15日程度はかかるというのが相場です。

その間はずっと宿泊をしなければなりませんので、どのような場所に宿泊をするのかはたいへん重要であるといえます。



一般的にいって、合宿免許の際に宿泊するのは、もしもドライビングスクールで寄宿舎を建てていればの寄宿舎のなかということになりますが、そうでない場合は、できるだけ近いところにあるビジネスホテルや和風旅館となります。
多くの場合、4人1室程度の相部屋となりますが、グループとして合宿免許の申し込みをしたのであれば、そのグループのメンバーで1つの部屋を使うというかたちになります。



ただし、これも合宿免許のプランによって、さまざまな違いがあるもので、観光地にあるようなドライビングスクールでは、リゾートホテルやコテージなどを宿泊の場所として提供する場合もあるようです。

そのため、合宿免許とはいっても、昼間はたしかに教習の受講ということになりますが、夕方からの自由時間は、観光スポットに足をのばしたり、地元のおいしいものを食べにいったりと、なかば観光を兼ねて受講するといったことも可能となります。