合宿免許と個室の利用

合宿免許では、ドライビングスクールであらかじめ指定された宿舎、またはホテル、旅館などに宿泊をしつつ、現地で教習を受けて、最短日数で卒業をするというプランです。
この場合のホテルなどの部屋割りに関してですが、もしもグループで一括して申し込みを舌場合には、そのグループのメンバーで一室を貸し切るというかたちになることが一般的であるといえます。



また、個人として合宿免許の申し込みをしたのであれば、ほかの合宿免許の受講生との相部屋というかたちになり、この場合は4人から6人といった人数での共同生活となるのが一般的といえるでしょう。

グループでの申し込みであっても、部屋の定員に満たない程度の少人数で申し込んだのであれば、定員を埋め合わせるため、何人か別のグループの人、あるいは個人として申し込んだ人と同室になることもあります。
そのため、あまり人付き合いが上手ではなく、相部屋には耐えられないという人にとってみれば、合宿免許というしくみは、いくら運転免許が短期間で取得できるとはいっても、トータルとしてみれば、それほど望ましいものではない可能性もあるのです。

こうした場合ですが、合宿免許をあきらめるのがよいかといえばそうでもなく、逆に、個室で宿泊ができるプランを探すというほうが建設的であるといえるでしょう。



実は、ドライビングスクールが宿舎を自前でもっている場合には、相部屋ではなく、個室ということも多いものです。



また、ホテルのような外部の宿泊施設であっても、やはり個室プランというものが用意されていることもありますので、事前に確認をしてみるのがよいでしょう。