合宿免許の交通費の負担

合宿免許とは、ドライビングスクールの近くにあるホテルや旅館に宿泊をして、卒業に至るまでの期間、毎日ここから通いながら、技能、学科にわかれた教習をするというスタイルになっています。

そのため、卒業までの時間は、ドライビングスクールに自宅のほうから通学するよりも、劇的に短縮されるという結果になっています。


しかし、ドライビングスクールはかならずしも駅の近くにあったりするわけではありませんので、合宿免許のために自宅から出向くだけでも、それなりに多額の交通費がかかってしまうものです。


そこで、合宿免許を運営しているドライビングスクールのほうで、駅から受講生を送迎するためのマイクロバスを出すというのは、ほとんどの場合、行われていることといえます。



また、自宅から合宿免許の最寄りの駅までの移動にかかる電車、バス、飛行機などの交通費についても、やはりドライビングスクールのほうで負担をしてもらえる場合もあります。



こうしたことはもあらかじめパンフレットやチラシなどに書かれているはずですので、実際に申し込みをする前に確認をしておいたほうがよいといえます。



ただし、ドライビングスクールが交通費を負担してくれる場合であったとしても、いったん本人がキップを買うなどした上で合宿免許に参加し、最終日の卒業の際に精算してもらえるというスタイルになりますので、最低限、立て替えのための費用はなければならないので注意が必要です。